パッケージ 3.0TM PKG 3.0TM

パッケージデザイン
という体験をつくる。

デュアルインサイト視点で開発する
パッケージ 3.0TM

生活者の二つの顔を捉えたパッケージ開発

製品パッケージには「コンシューマー(消費者)がブランドに接するキッカケになるもの」という役割があります。さまざまカテゴリーがコモディティ化する中、パッケージから伝わるブランドがコンシューマーにより意味のあるものとして受け入れられることが、近年ますます重要になってきました。また、店頭やECサイトなどで視覚的・情報処理的に競合に勝ち、ショッパー(買物客)の購買を誘発・促進することもますます重要になってきています。モメンタムのパッケージデザイン開発「PKG 3.0TM 」は、この生活者の二つの顔に対する課題を同時に解決します。

PKG 3.0TM では、製品力視点での開発(= PKG 1.0 )や、コンシューマー視点を加えた開発(= PKG 2.0 )を超えて、ショッパーとコンシューマーという二つの顔のインサイト = “DUAL INSIGHTTM (デュアルインサイト)” を主体とするユニークな視点でパッケージデザインを企画・開発していきます。

DUAL INSIGHTTM の詳細を知りたい方はこちらまで。

望ましいブランド体験と買物体験を実現する開発フロー

PKG 3.0TM では、ブランドのコアとなる要素の整理を行い、ブランドパーパス(消費者にとってのブランドの存在意義)を理解することから始めます。その上で、コンシューマーとショッパーのデュアルインサイト視点から生活者の購買体験を分析し、パッケージデザインを開発していきます。このフローを踏むことでブランディングと購買促進を同時に実現するだけでなく、一貫性のあるデザインとブランドコミュニケーションを可能にするTotal Brand Experience 視点でのご提案に繋げていくことも可能となります。

開発フローの詳細を知りたい方はこちらまで。

PKG 3.0TM のツール

●ブランドコアの整理を行うためのBRAND MOUNTAINTM
 > ブランドパーパスを主軸に、ブランド体現に必要な目に見える要素と見えない要素を整理します。

●デュアルインサイト調査によるCRITERIA SCORE SHEET
 > 開発したパッケージデザインをデュアルインサイト視点で調査&分析し、生活者の意見としてデザインの選定やブラッシュアップに使用します。

ツールの詳細を知りたい方はこちらまで。

生活者とのCo-Creationによるパッケージデザイン開発

PKG 3.0TM ではマーケターの視点だけではなく、生活者の視点や評価を取り入れたCo-Creationでデザインの最適解を目指します。
PKG 3.0TM は以下のようなお悩みを解決します。

PKG 3.0TM の解決事例を知りたい方はこちらまで。