カルチャーCULTURE

多様性のある職場を目指して

CATEGORY : 価値観と多様性

私たちの価値観とそれを実現するための行動計画

モメンタムでは「5 CORE VALUES (5つのコア・バリュー)」を大切にしています。
その中でも「BE ONE」は、2020年のコロナ禍でリアルに社員が一つになることが難しくなった直後に、会社と社員のあり方や行動を規定した「BE ONE マニフェスト」として全世界の社員に共有されています。
私たちは互いの違いを受け入れ、敬意を持って接し、それぞれの持つ経験を共有することで、パワフルなアイデアを生み出すことができると信じています。そしてこの考え方は、近年ますますその重要性を増しています。この「多様性」、「公平性」そして「多様性の受け入れ」はマネジメントがコミットしている重要な価値観として「BE ONE ACTION」にまとめられています。

モメンタムのBE ONE ACTION プラン

すべての人を迎え入れ、互いに感謝し、敬い合い、そして、それぞれの経験を活かした力強いアイデアを生みだした時こそが、最も素晴らしい私たちであると考えます。常に「Be One」というコア・バリューに支えられながら、優秀で多様な人材が働きたくなる場所になることを目指します。
そのためにも、「Be One」に基づいた行動計画を通じて、DE&I(=ダイバーシティ<多様性>、エクイティ<公平性>、インクルージョン<多様性の受け入れ>)について、今と将来を見据えた取り組みを行い続けます。私たちは、いつもオープンで透明性のある存在でありたいと考えています。そして、そのためにやるべきことがまだ多くあることを知っています。

3つの柱

私たちの戦略はコアとなる3つの柱に支えられています。
それは、Connection(つながり)、Commitment(約束)、Cultural Competency(文化的コンピテンシー)の3Cです。

 

CONNECTION つながり
私たちは、社員同士で語り合い、互いの理解を深め、育むことで、意味のある関係性を築き上げます。
私たちは、社員一人一人の背景を共有し、互いの理解を深めることで、社員同士の意味のあるつながりを支援します。

 

COMMITMENT 約束
私たちが掲げるインクルージョン(多様性の受け入れ)や個々の表現を守るための取り組みは、社内のいかなる場においても、明確に目に見える形で会社にサポートされています。

 

CULTURAL COMPETENCY  文化的コンピテンシー*
私たちは、私たちの働く環境をさらに開かれたものにするため、社員が必要とする時間と、その能力向上に必要な支援を行います。

 

*文化的コンピテンシーとは、前向きな行動や姿勢、方針を通じて、異文化圏の人々との適切なコミュニケーションを取り、交流できる能力のことを意味します。

私たちのアクション

私たちは、これまで受け入れられなかった人たちとの会話を増やし、彼らの経験や体験に積極的に耳を傾けます。
*日本においては主にジェンダーギャップの改善に取り組んでいます。

 

私たちは、特にディレクター以上のポジションで多様な人材を積極的に採用し、シニア・リーダーシップのポジションに就けるよう支援します。

 

私たちは、差別やハラスメントを許さないゼロトレランス ポリシー(いかなる違反も許容しない)・プロセス・規範を定め、インクルージョン(多様性の受け入れ)の障害となるものを排除します。
私たちは、誰もがオープンで、正直に、そして恐れることなく貢献できる安全な職場を作りあげます。それによって、反人種主義・無意識の偏見に関するトレーニングの継続的な効果を確かなものとします。